キリスト教出版社、聖書関連書籍、共同出版、イベント、セミナー イーグレープ、BMP bmp ビーエムピー bmp.jp、キリスト教書籍、穂森宏之
e-grape
ホーム ブックス 共同出版 イベント BMP(コミュニティーサイト)


麦の唄が聞こえる 第三集

買い物


カート

カートをみる



麦の唄が聞こえる 第三集

定価:1500円[税別]
単行本(ソフトカバー): 96ページ
ISBN-13: 978-4903748825
著者:及川尚子
発売日: 2013/9/25
商品パッケージの寸法: 20.6 x 20.6 x 1.4 cm




内容紹介
及川尚子さんと毎週お会いするようになって今年で四年になりますが、近くで拝見する尚子さんは、可愛らしい魅力を感じさせてくださる方です。気付いたことを飾らず、曲げず、まっすぐに伝えてくださる彼女は、正直で子どものように素直な方、そして「ごめんなさいの達人」だと思います。この魅力はどこから来るのでしょうか。 誰も知らない普段の姿は、とっさの言葉に出てしまうものです。鍵は「いつも」にあるかもしれません。いつも心に流れるフレーズ、普段毎日使っている言葉こそ、尚子さんその人です。 特別な日のためには、誰でも張り切って美しく整え、心を込めてしつらえます。しかし、普段の生活、ありふれた日常にも、一つひとつ心を込めて丁寧に歩んでいる人は僅かです。こうして、仕えることに心を込め、表現することに心を込め、もてなすことに心を込め、伝えることに心を込めて歩んでこられた著者が、込めた心を麦の唄のメロディーで綴っておられます。 この唄の広場に再び私達をお招きくださる、三作目の「麦の唄が聞こえる」ができあがってきました。そのメロディーは、彼女が心を尽くし力を尽くして愛している、創造主から与えられた旋律ですこの本は、彼女が十字架上から流れる主イエスの血潮の雫の音を聴き、父なる神の涙が彼女の胸に落ちる音を聴いて生まれた画文集なのでしょう。 主イエスは「どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです」と言われましたが、最も重要な一つのことに心を集中させる人生に、降りてきた物語が日ごとに書きとめられ、こうして綴じられました。 「愛する人に伝えたいことがある、たとえ命を削ってでも。」 その確かな命の拍を聴きながら、開かれたページの中にそっとたたずんでみましょう。きっと、私にも麦の唄が聞こえてくる、と心を開いて。 聖協団上田キリスト教会 福島晶子

レビュー
私達は、この地上で命をいただき、そして天の国に行くまでの間、何人の人達に出会う事が出来るのだろう。私の本を買ってくださる方々にサインを求められれば、必ず「出会いは財産」と書かせていただく。 心の中で、「神様、この方に私を会わせてくださり感謝します」と祈りながら。そして、心をこめて麦の穂の画を描かせていただきながら。「麦の唄が聞こえる」の二集目を出させていただいた後、この三年の間もたくさんの大切な人達との出会いがあり、財産がまた増えた。この一つひとつの出会いには、偶然は一つもなく、時が過ぎると、すべて神様の見事なご計画の中であった事がうかがえる。

著者について
及川尚子(おいかわひさこ) 19歳の時、洗礼を受けクリスチャンとなる。長野県佐久技術専門校洋裁講師を経て、現在、公民館活動を含め、8か所で洋裁講師を務める。信州美術会員で陶芸家。1991年「ギャラリー麦の家」を建て、春と秋の年2回の展覧会を開催。 2001年より「懐石料理麦の家」を経営。2007年、VIP主催で「出会いは財産」の講演を行う。佐久総合病院にて数回の個展を開き、来場者より、大きな反響をいただく。新聞でも紹介された。2008年、信濃毎日新聞社より第一作目「麦の唄が聞こえる」を発行。2010年イーグレープより第二集目「麦の唄が聞こえる」を発行。2013年、9月25日の誕生日に、第三集目「麦の唄が聞こえる」を発行する運びとなる